2011年06月29日

三輪書店 皮膚運動学はわかりやすい!




三輪書店 皮膚運動学はわかりやすい!




本書は、皮膚の動きについて科学的な検証と
長年の臨床経験をもとに、皮膚の特徴から原則までを
明確に解説し、各部位への可動域アプローチの方法お
よび症例を交えて動作障害に対する治療技術を具体的
に理解しやすくまとめた類のない書である。ひとの身
体に携わるすべての職種の方に一読を勧める






リンクはこちら♪






posted by 三輪書店 皮膚運動学 at 00:01 | TrackBack(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

三輪書店 皮膚運動学の内容紹介




三輪書店 皮膚運動学の内容紹介





身体運動中の皮膚は、さまざまな部位で皺が観察され、
または伸張されている。その運動時に皮膚が動く方向へ
皮膚を他動的に誘導すれば、関節可動域が改善するという
事実がある。また、臨床家の間では手術後の瘢痕形成は
関節運動に影響することはよく知られているが、その瘢痕
の影響が身体の一部にとどまっていないと多くが感じている。



このような皮膚の挙動特性について疑問を解く書物はみられない





リンクはこちら♪





posted by 三輪書店 皮膚運動学 at 23:59 | TrackBack(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三輪書店 皮膚運動学のレビューは?




三輪書店 皮膚運動学のレビューは?




>皮膚を誘導して関節可動閾を拡大する方法が書かれています。
自分でも試してみましたが効果絶大です




いろいろやってみても
効果ありの良書なんですよね。
(^◇^)




リンクはこちら♪





posted by 三輪書店 皮膚運動学 at 23:58 | TrackBack(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。